初めての小松島市 どこ行こか?

まず、どこに行ったらいいの?

まずは、小松島ステーションパークです。南小松島駅から徒歩10分もかかりません。パークには、世界一大きいたぬきの銅像があります。たぬきの前で手をたたくと滝が流れ出します。「ぜひ試してね。」少し足を伸ばせば、金長神社。「平成狸合戦ぽんぽこ」にも登場しています。アニメのモチーフとなった祠「金長神社」は有名なパワースポットです。
次は、少し郊外に足を伸ばして、四国霊場18番札所「恩山寺」19番札所「立江寺」恩山寺と立江寺の距離は、約4キロです。田舎の風景を楽しみながら約90分。ちょうど「お試し歩きお遍路」に最適です。国の史跡「恩山寺道」「立江寺道」もあり、昔のお遍路道も楽しめます。

モデルコース

徳島駅 → 徳島バス立江線(約45分 → 恩山寺前バス停下車 → 徒歩約15分 → 恩山寺 → 徒歩90分 → 立江寺 → 徒歩約12分 → JR立江駅 → 約30分 → 徳島駅

市内の移動は?
市内には、JRと路線バスがありますが、都会と違い本数が限られていますので、運行時間にご注意下さい。

JR    牟岐線 中田駅 南小松島駅(特急停車) 赤石駅 立江駅
徳島バス  徳島バス 5番のりば 橘線 R55バイパス線 丹生谷線 勝浦線
      徳島バス 6番のりば 立江線 田浦線 和田島線
バス路線によって市内を通る道路が違います。詳しくは、徳島バスへお問合せ下さい。
小松島市内の移動は、車があれば大変便利ですが、市内にレンタカーの会社がありません。徳島駅や徳島空港で借りておくと便利です。

「担当者のつぶやき」

車で移動できる方におすすめ。
小松島市の和田島町は、シラス漁のメッカ。2隻の漁船で網を引いてシラスを獲ります(通称バッチ網)。港に水揚げされたシラスはすぐに加工場に運ばれ、釜であげ、乾燥し、製品化します【鮮度バツグン】。夏には、シラスの天日干しの風景も見られます。海岸沿いには、海鮮食堂があり、名物「シラス丼」や旬の海鮮料理を提供しています。

小松島のご当地グルメ

竹ちくわ

小松島といえば竹ちくわ。とりたての小魚を練り、竹に巻き付けて焼いた竹ちくわ。竹を抜かずにかぶりつくのが1番美味しい食べ方です。源義経も絶賛したという小松島の竹ちくわ。風味豊かな元祖、伝統の味です。
 

フィッシュカツ

白身魚のすり身にカレー粉や唐辛子等の調味料を加え、パン粉をつけて揚げたものです。昭和30年代に考案されて以来の小松島発祥の名産品です。徳島でカツと言えばこのフィッシュカツを指すほど知られています。近年では、テレビなので取り上げられ、全国でも注目のソウルフードです。
 

金時豆入お好み焼き(豆玉焼き)

甘く煮込んだ金時豆に卵を入れて焼いたお好み焼き。徳島県のソウルフードです。甘い金時豆とソース味が見事にフィットしています。他にも、小エビの天ぷらもトッピングした「豆天玉焼き」も人気です。小松島市内にも多くのお好み焼き店があります。
豆玉焼き

「担当者のつぶやき」

豆玉焼きに小松島名産のフィツシュカツを入れた「カツ豆玉焼き」も美味ですよ。ぜひ試してみてね。
 

徳島ラーメン

徳島ラーメンは、「茶系」「黄系」「白系」の3つのスープに分かれています。最もポピュラーなスープは「茶系」。小松島市でも10軒ほどのお店があります。市内も「茶系」のお店が多いですが、小松島市内には、「白系」「黄系」の有名なお店もあります。各お店の距離も近いので食べ比べも手軽に楽しめますよ。
徳島ラーメン白系
 



 

TOPへ