小松島市はこんなところ・・

たぬきの銅像

歴史

航空写真

小松島港を中心として栄えた港町です。四国の東門と呼ばれ、四国と関西を結ぶ旅客船などが発着していました。小松島港は、コンテナターミナルや10万トン級のクルーズ船も停泊する四国を代表する港です。小松島が誇る「金長たぬき」は、民話「阿波狸合戦」の主人公でスタジオジブリのアニメ「平成狸合戦ぽんぽこ」にも登場しています。アニメのモチーフとなった祠「金長神社」は有名なパワースポット。要チェックです。

自然

はなみずき

市の北端に日ノ峰山を望み、目の前には、豊富な海の幸を産み出す紀伊水道。さらに、市の北を流れる勝浦川が、豊かな水を産み出しています。市の花「はなみずき」は4月下旬から5月にかけて、市内各所で花を咲かせます。

くらし

「竹ちくわ」発祥の町として、5軒の「竹ちくわ」の製造工場があり、味を競っております。徳島県民のソウルフード「フィシュカツ」も近年人気です。郊外には、四国最大級の産直市があり、小松島市の豊富な野菜や旬の水産物を豊富に取り扱っています。夏には、県内最大級の納涼花火大会も魅力。

 

「担当者のつぶやき」

旬の魚、野菜はこれ食べんで

シラス

シラス【4月~6月】【10月~11月】 紀伊水道は天然の漁場です。春から漁がはじまり、シーズンは、シラスの天日干しが和田島町で見られます。

ハモ

ハモ【6月~9月】
全国有数の漁獲高を誇るハモ。主に関西方面に出荷しています。京料理にも使われ、人気の食材です。地元漁協でも天ぷらの加工品を販売しています。

プレミアム椎茸「天恵菇」

プレミアム椎茸「天恵菇」【11月~3月】
菌床椎茸の出荷量は、全国で有数です。その中でも「天恵菇」直径10センチ超、肉厚も普通のものに比べ3倍以上。

オクラ【7月~9月】
オクラの生産量県下で1番。早だしオクラとして、前倒しで生産されております。食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富「塩ゆで」でカリッと。
小松島は他にも美味しいものがいっぱい。意外でしょ。試してね(こまポン)

いちご【11月~4月】 やまもも【6月】
たまねぎ【6月~12月】 菜の花【11月~4月】
ブロッコリー【11月~2月】
エビ(足赤エビ)【10月~1月】(車エビ)【5月~7月】 イカ(紋甲イカ)【1月~2月】

 

TOPへ