HOMEくらし・手続き税金「県下一斉徴収強化月間」のお知らせ

「県下一斉徴収強化月間」のお知らせ

11月、12月は『県下一斉徴収強化月間』です!

~税の納め忘れはありませんか?税は必ず納期限内に納めましょう~
小松島市では、税の公平性を確保し、納税者の信頼を守るため、徳島県および県内全市町村とともに、毎年11月から12月を「県下一斉徴収強化月間」と定めて、納税意識の啓発、納税の推進、悪質な滞納者に対する差押の強化など、滞納の解消に向けた取り組みを一丸となって行っています。

強化月間ポスター案ver290905.png

実施時期

毎年11月および12月(一部については、10月から先行実施)

実施内容

期間中、滞納処分の強化、納税の推進・納税広報に関する徴収対策の各種取り組みを、参加団体ごとにそれぞれ多様な形で実施します。
※強化月間終了後も、それぞれの団体において、差押等の徴収対策を継続して実施します。

滞納処分(差押)とは?

納期限が過ぎているのに納付がない場合、督促状・催告状を発送します。
それでも納付がない場合には、財産調査、給与照会などを行い、財産が発見されれば、差押などの滞納処分を執行します。
※差押は、処分を受ける個人または法人の生活・経済活動に影響を及ぼす大変厳しい処分です。

まずは早めの納税相談を!

納期限内に納付が困難な理由がある場合には、お早めに税務課納税担当までご相談ください。
平日お仕事などで来庁や連絡が困難な方は、延長窓口(事前に電話で予約が必要)、日曜窓口(原則毎月第4日曜日)も実施していますので、ご利用ください。
また、この機会に納め忘れの防止に有効な口座振替」も、是非ご活用ください。

徳島県(徳島県東部県税局)への徴収移管

住民税(市・県民税)については県税が含まれているため、地方税法第48条の規定により、市から県へ徴収権を移管し「県において直接徴収および滞納処分をすることができる」とされており、滞納となっている場合は速やかに移管するよう徳島県東部県税局から強い要請を受けています。
移管されますと、徳島県東部県税局において直接徴収することとなり、厳しい滞納処分が行われます。
【県による滞納処分の例】
家宅捜索による絵画や貴金属、自動車の差押および公売など。

カテゴリー

このページの先頭へ