HOME記事貝毒原因プランクトン増加に伴う潮干狩りの自粛について

貝毒原因プランクトン増加に伴う潮干狩りの自粛について

貝毒原因プランクトン増加に伴う潮干狩りの自粛について


現在,県内各地で,高密度の貝毒原因プランクトン(アレキサンドリウム属)が確認され,播磨灘及び紀伊水道においては,国が定める規制値である4MU(マウスユニット)/gを超える麻痺性貝毒が検出されており,出荷自主規制の指導を行っているところです。

また、吉野川水系の感潮域(海水の影響を受ける河川水域)におけるシジミについても国の規制値を超える貝毒が検出されました。

このことを受けて、今一度、市民の皆様には潮干狩りを控えていただきますよう強くお願いいたします。

 

また、今回の貝毒は、二枚貝にのみ毒化するものであり、二枚貝以外の魚介類については安全でありますので、ご安心ください。

 

※最新の情報は、徳島県水産振興課のホームページで確認いただけます。詳しくは、下記のURLよりご確認ください。

 また、県では相談窓口も設置しておりますので、合わせてホームページよりご確認ください。

https://www.pref.tokushima.lg.jp/kenseijoho/soshiki/nourinsuisanbu/suisanshinkouka/

 

 

カテゴリー

このページの先頭へ