HOME市政情報施策・計画ふるさと納税ワンストップ特例制度について

ふるさと納税ワンストップ特例制度について

ふるさと納税ワンストップ特例制度について

平成27年4月1日以降に行う寄附から適用される制度です。
確定申告をする必要のない給与所得者等の方が地方公共団体に寄附を行う際に、ふるさと納税先団体に特例の申請をすることで確定申告が不要となり、翌年度の個人住民税において、所得税控除分相当額を含めて控除されます。(確定申告を行った場合と同額が控除されます。)

ふるさと納税ワンストップ特例が適用される場合

※5団体を超える自治体に寄附をした方や、自営業者の方などそもそも確定申告を行う必要のある方が、寄附金に係る控除を受けるためには、これまでどおり確定申告を行う必要があります。

※詳しくは、総務省ホームページ「ふるさと納税ポータルサイト」をご確認ください。

ワンストップ特例の手続きについて

小松島市へ寄附の申込をする際、「寄付金税額控除に係る申告特例申請書を要望する」とされた方には、寄附金受領書とあわせて、寄附金税額控除に係る申告特例申請書を同封しますので、必要事項を記入のうえ、署名、捺印をして小松島市へご提出ください。(Fax及び電子メールは不可)

  • ※送料は申請者負担となります。
  • ※平成28年1月1日以降の寄附に係る申請については、個人番号(マイナンバー)の記載をするとともに、番号確認と本人確認のための書類の提出が必要です。
【個人番号確認書類と本人確認書類について】
個人番号カードをお持ちの場合 個人番号カードをお持ちでない場合
【番号確認と本人確認のための添付書類】
  • 個人番号カードの写し(表面と裏面)
【番号確認のための添付書類】
通知カードの写し又は住民票(個人番号付き)の写し
【本人確認のための添付書類】・・・1又は2のいずれか
  1. 写真表示のある本人確認書類
    (運転免許証、パスポートなど)の写し・・・1点
  2. 写真表示のない本人確認書類
    (健康保険証、年金手帳など)の写し・・・2点

提出済みの申告特例書の内容に変更があった場合について

氏名や住所に変更があった場合は、寄附をした翌年の1月10日までに、ふるさと納税先団体(小松島市)へ申告特例申請事項変更届出書を提出いただく必要があります。(Fax及び電子メールは不可)

※送料は申請者負担となります。

カテゴリー

このページの先頭へ