HOME健康・福祉高齢者福祉在宅で生活される高齢者の方へ

在宅で生活される高齢者の方へ

家族介護用品支給事業

月額6,250円を上限に、紙おむつなどの介護用品を支給し、介護をされている家族の方の負担を軽減する。

対象者

要介護4または5の在宅生活の方を介護されている家族の方。
非課税世帯であること。

※入院中の方は認めない。
※単身世帯は原則として不可。単身世帯で近隣の親族等が介護している場合は、その親族等の世帯も非課税世帯であること。

緊急通報体制等整備事業

発作や転倒などの緊急時にボタン一つで24時間対応の受信センターと連絡が取れ、適切な救助・関係機関への連絡を受けられる緊急通報装置を設置・貸与します。

対象者

  • 65歳以上のひとり暮らしの高齢者
  • 65歳以上の高齢者のみで構成される世帯
  • ひとり暮らしの重度の障がい者
  • 重度の障がい者と65歳以上の高齢者で構成される世帯
    ※重度の障がい者とは、身体障がい者手帳(1、2級)、療育手帳(A判定)、精神保健福祉手帳(1級)のいずれかを所持されている方です。

※緊急時連絡先(協力員)として、ご家族、ご近所の方など3名程度必要になります。

住宅改造助成金交付

高齢者の方が生活しやすい住宅に改造するための対象工事費の2/3を助成します。

対象者

身体の虚弱化等により日常生活で何らかの介助を必要とする高齢者がいる非課税世帯で、過去に当事業の助成を受けたことのない世帯。

※上限90万円で、1/3は自己負担。
※介護保険制度における住宅改修が優先。

カテゴリー

このページの先頭へ