HOME記事助産施設の利用

助産施設の利用

入院助産が保健上必要であるにもかかわらず、経済的にその費用を支払うことが困難な妊産婦の方は、市の指定する病院に入院して出産することができます。

1.助産施設

  • 徳島市民病院 

2.入所要件

<保健上の要件>

  • 異常分娩のおそれがある者
  • 出産に影響するおそれのある疾患又は保健上の障害を有すると認められる妊産婦
  • 居宅が狭小又は非衛生的で分娩することが適当でない者

<経済的要件>

次のいずれかに該当するときは、この制度は利用できません。

  • その妊産婦の属する世帯が住民税及び所得税の課税世帯であるとき。ただし、特別の理由があるときは、所得税が8,400円までなら差し支えない。
  • その妊産婦が加入している社会保険からの出産給付費として404,000円以上給付されるとき。(生活保護世帯、市民税非課税世帯除く。) 

3.自己負担金について

各世帯の収入状況によって異なります。詳しくは申請時にご確認ください。

このページの先頭へ